人気ブログランキング |
ブログトップ

別刊☆竜田揚げ

tatsuta012.exblog.jp

~祭りのあとの祭り騒ぎ~

カテゴリ:神社風味( 42 )

d0273510_1612680.jpg







9月14日(日)

今コマーシャルで大評判の柏木峠をノンストップで30分

まほろばの里、高畠町へ

d0273510_2050741.jpg






午前11時
神社の本殿では神事が執り行われていました

d0273510_744094.jpg



d0273510_205153100.jpg






今回は平安末期から伝わる延年舞を見る為にやって来ました

延年舞とは、寺院芸能の一種で法会や法要時に舞ったもので、古式を残している舞らしいです

舞楽は、振鉾式(燕舞式) 拝舞(おがみまい) 三躰舞(さんたいまい) 太平楽 眺望楽(ちょうぼうらく) 蛇取舞(へびとりまい) 姥舞(うばまい)の七曲

d0273510_7442048.jpg



d0273510_2174579.jpg



d0273510_2181085.jpg



d0273510_2182737.jpg



d0273510_219938.jpg



d0273510_2191172.jpg



d0273510_2193258.jpg



d0273510_2195285.jpg






クライマックスの秘曲と云われている姥舞が終わった途端、激しい雨が降って来たのには驚いた

d0273510_21115282.jpg



d0273510_21121698.jpg






その後、しばらくすると太陽が顔を出して、前々から見てみたかった流鏑馬が始まった

d0273510_2114047.jpg






一年十二カ月を表す十二の的

矢は当日神社境内で採れた竹を使用との事

d0273510_21173990.jpg




矢が的に当たる度、前で見ていた小さな女の子が「見事だねぇ」というのが可愛いかった(^^)


撃ち抜かれた的と、その矢は縁起物として2000円で分けてもらえるらしい

d0273510_2119745.jpg




向かい側にある道の駅は激混でしたが、こちらの方はまさに知る人のみ知るって感じで、見物客も少なくゆっくりと写真を撮る事ができました

動画

d0273510_21261984.jpg







by tatsutaage2012 | 2014-09-15 15:56 | 神社風味
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by tatsutaage2012 | 2014-08-27 23:00 | 神社風味
地域の幸せを祈願して毎年月岡神社の前夜に行われる神事の一つ

d0273510_6115023.jpg



d0273510_6122745.jpg



d0273510_6124791.jpg



d0273510_6132710.jpg



d0273510_6134663.jpg



d0273510_6135986.jpg






今年は動画でも撮影しました

四方祓いの儀





by tatsutaage2012 | 2014-04-24 20:25 | 神社風味
d0273510_2121219.jpg







打毬試合の休憩の間、神輿が飾られてゆきます

d0273510_2132379.jpg



d0273510_2133711.jpg



d0273510_2134883.jpg



d0273510_21448.jpg



d0273510_2143654.jpg






その間、女性陣は田楽のルーレットのレクチャーを受けていましたw

d0273510_2164857.jpg






記念撮影を済ますと

d0273510_2182042.jpg






神輿は街へと繰り出して行きました

水野沢瀉 (オモダカ)と言われる紋が一杯だ!

d0273510_2193120.jpg






それにしても担ぎ手さんが多いなぁと思っていたら、酒田からも応援に来られてたそうです



神輿が行った境内にこんなのが残されていました

d0273510_21134988.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-10-07 20:56 | 神社風味
d0273510_19123274.jpg






御祭神
豊烈霊神(水野忠元公)
英烈霊神(水野忠邦公)
八坂大神(スサノオノミコト)
山ノ神 (大山祇命 )
稲荷大神(倉稲魂姫)
山形藩士24柱

今年もこの日がやってきました!

d0273510_19142148.jpg






今年は第一試合から見ようと早めに到着

d0273510_1922838.jpg



d0273510_19225445.jpg






しばらくすると、先日写真展を開いた友達も来ましたが、つまらなかったのか直ぐに帰ってしまいました・・・ガッカリ

d0273510_1927795.jpg






やっぱり写真撮りは一人で・・・ですね


さてさて

見物客も大勢集まり、日本で三箇所にしか残っていない古式打毬の始まりです

d0273510_19325553.jpg



d0273510_19334595.jpg



d0273510_1952299.jpg






試合のルールや試合の模様は昨年の記事をご覧下さい

今年は趣向を変えてみました

d0273510_2024585.jpg



d0273510_203283.jpg



d0273510_2041672.jpg



d0273510_205350.jpg



d0273510_2053615.jpg



d0273510_206833.jpg



d0273510_20657100.jpg






今年で196回目だそうで、是非200回目の記念の年は旧県立中央病院跡地の広場で盛大に開催して欲しいと願っております

d0273510_20115398.jpg






打毬は、騎馬戦の修練を目的としたもので、ここ豊烈神社では山形藩の霊を慰める為に始まったと云われています
by tatsutaage2012 | 2013-10-06 23:23 | 神社風味
d0273510_2335380.jpg






林家舞楽は、今から1153年前、天台宗の祖最澄の弟子の円仁(慈覚大師)とともに山形の山寺に来たため、その後中央でいろんなアレンジを加えられた舞楽とは違い、元来日本に伝わったままの形で残っている貴重な舞楽で、国指定重要無形民俗文化財になっています

その舞を現在身近で見ることができるというのはなんとも贅沢な話です


さて
たまたま幸運にも多忙の林さんとお会いすることができ、ずうずうしくもまたお祭りについて詳しくお聞きすることができました


昔、谷地は紅花の商いで財力をなしたため、それを恐れた幕府が、谷地の領土を、幕府・戸沢・秋元の三つの領に分けたそうです

その名残で、谷地のお祭りは年毎にその三つの地区が持ち回りで担当することになり、今年は秋元領だった南部地区が担当だということでした

ちなみに秋元領とは上山領のことだと聞いて、驚きとなんとも不思議な縁を感じました

d0273510_0234181.jpg






また祭り期間中、囃子屋台巡演が同時に行われているそうなのですが、初日の今日は南部地区だけを廻るそうで、もし少しでも他の地区に入ろうものなら大変な事になってしまうんだそうです





さて日もすっかり沈むと、一層参拝の列が長くなってきました

d0273510_23813100.jpg






そして境内は昼間とは違った空間に変わってきます

d0273510_2392636.jpg





スサノオウが祀られている社

d0273510_2393691.jpg






そして夜の石舞台

d0273510_2394812.jpg






ツイッターではリアルタイムで、林さんの弟さんが祭りのスケジュールを発信してくれています

d0273510_2414836.jpg






これからごらんじょう詣りという神様を神輿に移す神幸式の為、関係者の方々が次々と社殿内へと入られていきます

d0273510_2435387.jpg






神事が始まったみたいです

d0273510_2454219.jpg






ちょっと覗いてみましょう

なんか部外者は立ち入れない雰囲気です汗

d0273510_2465586.jpg






外には高張り提灯を持った人が集まっています

d0273510_249472.jpg





あれ?どうしたのでしょう?社殿内の明かりが消えたみたいです

ちょっと覗いてみましょう


うはっ!汗

社殿の奥が薄いベールで隠され、秘密の儀式の最中でした汗

神様が神輿に乗られているところなのでしょう・・・か

d0273510_2495915.jpg






すると、今度は境内にあった提灯が一斉に消え、松明が焚かれ石舞台で夜遊の舞楽が始まりました

d0273510_2532116.jpg



d0273510_2535656.jpg



d0273510_2542095.jpg






夜遊の舞楽が終わると神輿が社殿から出てこられました

d0273510_25749100.jpg






今年は熊野神社で一晩お泊まりになられるそうです

d0273510_2583994.jpg





沢山の提灯を先頭に

d0273510_2594383.jpg






神様を乗せた御神輿は

d0273510_2595991.jpg






無事、金魚いや渡御されました

d0273510_3014100.jpg






谷地の祭りは三日間つづくわけですが、私のレポートはこれまでです

もっと詳しく知りたい方は

9月28日(土)15:30~16:00 YTS山形テレビ 【谷地どんがまつり】

および

10月13日(日)13:00~13:55 YBC山形放送 【ダイドードリンコスペシャル谷地どんがまつり~静と動・密着!谷地男の晴れ舞台】

をご覧ください






↓今回私が見つけた谷地男

やる~~~!

d0273510_11132127.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-09-14 23:59 | 神社風味
d0273510_12111711.jpg





昨年の尾花沢花笠まつりの時、たまたま会った知り合いの神主さんに紹介して頂いた林重陽さん

その時は、林家舞楽のことも、谷地のどんがまつりもどんがらまつりと言ってたくらい無知な状態でした

なので慈恩寺であった東儀秀樹さんのコンサートの時も「東儀家、林家うんぬん」というくだりの話の時も、林家=林さんとは繋がらずにいたのですが、次第に林家=林さんというのが繋がった時には震えてしまったくらいです

d0273510_12254148.jpg



d0273510_1193872.jpg






実は昨年(16日)も訪れたのですが、あまりの暑さにまいってしまい途中で断念してしまいました

それから数日後に放送されたテレビ番組を見て、どんがまつりの凄さと、谷地男の心意気を知りました


そして遂に今日この日を迎えたわけです

境内にある石舞台

d0273510_12313635.jpg






7月14日 14時30分林家舞楽奉奏(ほうそう)の始まりです

初日の今日は7曲

d0273510_12325191.jpg






大勢のカメラマンも早くからスタンバイしてました

d0273510_12332728.jpg






林家舞楽のオープニング曲的な
着乱声(ちゃくらんじょう)に続き

d0273510_1204751.jpg






必ず舞楽の最初に奏されるという燕歩(えんぶ)です
(襲装束~カサネショウゾク)

d0273510_12414629.jpg



d0273510_1242558.jpg



d0273510_12422243.jpg






林家舞楽は一子相伝ということで、二人で舞うことはなく、その為一人二役で槍を二本持って舞います


d0273510_12455360.jpg



d0273510_12462874.jpg






三台(さんだい)
優しい、しんなりとした色気ある舞いです
(蛮絵装束~バンエショウゾク)

d0273510_125109.jpg






散手(さんじゅ)
龍冑をかぶり武将の舞いで、迫力があります
(裲襠装束~リョウトウソウゾク)

d0273510_1258779.jpg






還城楽(げんじょうらく)童舞
(童舞狩依)
赤い縄を蛇に見立てて、それを見たつけた喜びを表現した舞いで、今回初舞台となる小学一年生が一生懸命舞ってくれていました

d0273510_131925.jpg



d0273510_131249.jpg






抜頭(ばとう)
「抜頭は髪ふりあげたるまみ、うとましけれど楽しと面白し」枕草子より

稚児の童舞は、めんごいです

d0273510_1332973.jpg






陵王
(裲襠装束)


赤い衣装の場合左舞で、緑の衣装の場合右舞がルールなんだそうです

ちなみにこの衣装は谷地由来の紅花染めだそうです

d0273510_1392196.jpg






納曽利(なそり)
(裲襠装束)
一人舞いの時は、楽躍(ラクソン)というそうです

d0273510_13162831.jpg






緑の衣装なので右舞です

d0273510_1317599.jpg






林家舞楽のエンディングテーマの廻向楽(えこうがく)で終了



さて、ごらんじょ詣り、夜遊(やゆう)の舞楽まで時間があるので、隣にある動物公園で一息つきます



自販機でスイカのジュース発見!

d0273510_13195878.jpg






げげげ!飛行機があんなに近くに見えます汗


さすが飛行場が近くにあると迫力が違いますね

d0273510_13213156.jpg






ということで、夜の部へと

~つづく~
by tatsutaage2012 | 2013-09-14 23:23 | 神社風味
d0273510_23355766.jpg






170年まえから伝わる旧藤島町の渡前獅子踊り

d0273510_2336851.jpg





どんどん激しくなってきます

d0273510_23362248.jpg



d0273510_23363510.jpg





最後は刀まで振り回します

d0273510_23364841.jpg






ずーと腕を伸ばして踊っているのかと思ってましたが、そうではなかったです
by tatsutaage2012 | 2013-07-17 23:42 | 神社風味
d0273510_11255554.jpg





朝からの雨が小降りになって来たので、今年も四方祓いの儀を見るため月岡神社へと行ってきました

d0273510_112853.jpg





雨のせいで、太鼓は社務所、詩吟は拝殿での奉納でした


相変わらずほのかな灯りの元

d0273510_11334244.jpg



d0273510_1134321.jpg






鼓笛隊の演奏を合図に

d0273510_11361771.jpg






今年も厳かに儀式は始まり

d0273510_11373160.jpg



d0273510_1138211.jpg



d0273510_11382617.jpg



d0273510_11391741.jpg



d0273510_11395086.jpg





厳かに終了しました・・・・



さて、毎年ここで終わるはずなのですが、今年は違います!

今年は翌日の例大祭にも行ってきました



昨日の雨が嘘のように晴れ渡り

d0273510_12404923.jpg







月岡神社の例大祭が行われました

d0273510_12412761.jpg




d0273510_12425322.jpg




d0273510_12433293.jpg




d0273510_12435024.jpg




d0273510_1244431.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-04-25 12:48 | 神社風味
d0273510_18335645.jpg






たまたま道を尋ねたおばあさんの一言から、毎年この時期通い続けてもう5年になる六椹(むつくぬぎ)八幡神社

d0273510_18341089.jpg





先日、お銀さんが行かれて「咲いてましたよ」ということでしたので、今回山形であった会議の帰りに寄ってきました

d0273510_18342026.jpg





毎年思うのですが、この梅を写真に収めるのって結構難しいんですよね・・・

d0273510_18343283.jpg





枝が多すぎて、ごちゃごちゃになっちゃうんです

d0273510_18344292.jpg






そこで枝ぶりのいい所を見つけては、日本画のような構図を探すのですが、これがなかなか無いんですよね

d0273510_18345372.jpg





今年こそは満開を!

・・・・と毎年言ってるのですが、つい桜が咲き始めると忘れちゃうんです・・・泣

d0273510_1835328.jpg





陸奥苦抜き・・・八幡

10日後くらいにまた寄ってみます

d0273510_18351422.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-04-10 19:10 | 神社風味