人気ブログランキング |
ブログトップ

別刊☆竜田揚げ

tatsuta012.exblog.jp

~祭りのあとの祭り騒ぎ~

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0273510_043270.jpg





数年前から何故か彼岸花を写真に収めたくて、野草園や霞城公園と行ったのですが、どうもイマイチで・・・悶々

d0273510_065877.jpg






実は数年前に長谷堂にある山で見た彼岸花が忘れられず

d0273510_0144232.jpg






今回、気合を入れて行ってきました

d0273510_0165698.jpg



d0273510_0154089.jpg






途中で会ったおじいさんが言うには「今年は少ない」だそうです

いやいや。私はこれで十分満足です。


ヒガンバナ……サンスクリット語で曼珠沙華(マンジュシャカ)
by tatsutaage2012 | 2013-09-24 15:08 | その他
d0273510_1520376.jpg





突然会場にどよめきが起こった


d0273510_15372538.jpg


なんと!ディーオを従えてモンテディオ山形の秋葉選手が現れた

d0273510_15234690.jpg





なんか、チビッコ達とPK合戦をするらしい

d0273510_15253898.jpg





ウォーミングアップ開始

d0273510_15264580.jpg




さあ~!

対決開始!



あっ!


d0273510_153007.jpg




一発目から凹むずぅ



さあ~気を取り直して

d0273510_15312710.jpg




おおおお~!

d0273510_15321838.jpg




チビッコのシュートも、なかなか鋭い!

入った子も入らなかった子も参加賞を貰ってうれしそうでした

d0273510_1535676.jpg





最終日のかかし祭のひとコマでした

d0273510_15364116.jpg




しかしこのゴジラは、何年続けて参加するんだか・・・w

d0273510_15384934.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-09-23 15:39 | イベント風味
d0273510_1011513.jpg






山形市内にあるNHK山形放送局内にあるYYギャラリーで、友達の所属する写真クラブの写真展を開催してるからと、招待を頂いたので観に行ってきました

d0273510_12501443.jpg



d0273510_2433832.jpg







台風が接近しているというので、お客さんも少なく、ゆっくり観ることができました

今回は第1回目ということで、テーマはつくらず、それぞれのメンバーがいろんなジャンルの個性豊かな作品が展示されていました


d0273510_1251852.jpg



d0273510_12512644.jpg







ギャラリー内は外の台風接近の騒ぎはなんなの?ってほど静かでした(苦笑)


d0273510_1025951.jpg








ところがしばらくすると、局内がざわめいてきました

台風最接近でしょうか・・・汗

d0273510_1033285.jpg






でも、そのざわめきもしばらくすると収まり、友人の幼い頃からの友達というへアスタイリストの方が来られました

八日町にお店があるそうで、早速Facebook友達にもなってもらいました
(^_^)v

彼の愛機、 エドウィン・H・ランド博士の最高傑作、「SX-70」
39年前に発売されたポラロイドカメラです

d0273510_1035935.jpg






いや~新しい出会いや、素晴らしい作品を見て、いい刺激を頂いた写真展でした

是非、第2回、3回と続けていって欲しいものです

d0273510_1252189.jpg






追伸
おかげさまで新しいカメラ欲しい病が再発してしまいましたよ(苦笑)

それでは次回10月6日豊烈神社でお会いしましょう
by tatsutaage2012 | 2013-09-16 22:22 | イベント風味
d0273510_2335380.jpg






林家舞楽は、今から1153年前、天台宗の祖最澄の弟子の円仁(慈覚大師)とともに山形の山寺に来たため、その後中央でいろんなアレンジを加えられた舞楽とは違い、元来日本に伝わったままの形で残っている貴重な舞楽で、国指定重要無形民俗文化財になっています

その舞を現在身近で見ることができるというのはなんとも贅沢な話です


さて
たまたま幸運にも多忙の林さんとお会いすることができ、ずうずうしくもまたお祭りについて詳しくお聞きすることができました


昔、谷地は紅花の商いで財力をなしたため、それを恐れた幕府が、谷地の領土を、幕府・戸沢・秋元の三つの領に分けたそうです

その名残で、谷地のお祭りは年毎にその三つの地区が持ち回りで担当することになり、今年は秋元領だった南部地区が担当だということでした

ちなみに秋元領とは上山領のことだと聞いて、驚きとなんとも不思議な縁を感じました

d0273510_0234181.jpg






また祭り期間中、囃子屋台巡演が同時に行われているそうなのですが、初日の今日は南部地区だけを廻るそうで、もし少しでも他の地区に入ろうものなら大変な事になってしまうんだそうです





さて日もすっかり沈むと、一層参拝の列が長くなってきました

d0273510_23813100.jpg






そして境内は昼間とは違った空間に変わってきます

d0273510_2392636.jpg





スサノオウが祀られている社

d0273510_2393691.jpg






そして夜の石舞台

d0273510_2394812.jpg






ツイッターではリアルタイムで、林さんの弟さんが祭りのスケジュールを発信してくれています

d0273510_2414836.jpg






これからごらんじょう詣りという神様を神輿に移す神幸式の為、関係者の方々が次々と社殿内へと入られていきます

d0273510_2435387.jpg






神事が始まったみたいです

d0273510_2454219.jpg






ちょっと覗いてみましょう

なんか部外者は立ち入れない雰囲気です汗

d0273510_2465586.jpg






外には高張り提灯を持った人が集まっています

d0273510_249472.jpg





あれ?どうしたのでしょう?社殿内の明かりが消えたみたいです

ちょっと覗いてみましょう


うはっ!汗

社殿の奥が薄いベールで隠され、秘密の儀式の最中でした汗

神様が神輿に乗られているところなのでしょう・・・か

d0273510_2495915.jpg






すると、今度は境内にあった提灯が一斉に消え、松明が焚かれ石舞台で夜遊の舞楽が始まりました

d0273510_2532116.jpg



d0273510_2535656.jpg



d0273510_2542095.jpg






夜遊の舞楽が終わると神輿が社殿から出てこられました

d0273510_25749100.jpg






今年は熊野神社で一晩お泊まりになられるそうです

d0273510_2583994.jpg





沢山の提灯を先頭に

d0273510_2594383.jpg






神様を乗せた御神輿は

d0273510_2595991.jpg






無事、金魚いや渡御されました

d0273510_3014100.jpg






谷地の祭りは三日間つづくわけですが、私のレポートはこれまでです

もっと詳しく知りたい方は

9月28日(土)15:30~16:00 YTS山形テレビ 【谷地どんがまつり】

および

10月13日(日)13:00~13:55 YBC山形放送 【ダイドードリンコスペシャル谷地どんがまつり~静と動・密着!谷地男の晴れ舞台】

をご覧ください






↓今回私が見つけた谷地男

やる~~~!

d0273510_11132127.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-09-14 23:59 | 神社風味
d0273510_12111711.jpg





昨年の尾花沢花笠まつりの時、たまたま会った知り合いの神主さんに紹介して頂いた林重陽さん

その時は、林家舞楽のことも、谷地のどんがまつりもどんがらまつりと言ってたくらい無知な状態でした

なので慈恩寺であった東儀秀樹さんのコンサートの時も「東儀家、林家うんぬん」というくだりの話の時も、林家=林さんとは繋がらずにいたのですが、次第に林家=林さんというのが繋がった時には震えてしまったくらいです

d0273510_12254148.jpg



d0273510_1193872.jpg






実は昨年(16日)も訪れたのですが、あまりの暑さにまいってしまい途中で断念してしまいました

それから数日後に放送されたテレビ番組を見て、どんがまつりの凄さと、谷地男の心意気を知りました


そして遂に今日この日を迎えたわけです

境内にある石舞台

d0273510_12313635.jpg






7月14日 14時30分林家舞楽奉奏(ほうそう)の始まりです

初日の今日は7曲

d0273510_12325191.jpg






大勢のカメラマンも早くからスタンバイしてました

d0273510_12332728.jpg






林家舞楽のオープニング曲的な
着乱声(ちゃくらんじょう)に続き

d0273510_1204751.jpg






必ず舞楽の最初に奏されるという燕歩(えんぶ)です
(襲装束~カサネショウゾク)

d0273510_12414629.jpg



d0273510_1242558.jpg



d0273510_12422243.jpg






林家舞楽は一子相伝ということで、二人で舞うことはなく、その為一人二役で槍を二本持って舞います


d0273510_12455360.jpg



d0273510_12462874.jpg






三台(さんだい)
優しい、しんなりとした色気ある舞いです
(蛮絵装束~バンエショウゾク)

d0273510_125109.jpg






散手(さんじゅ)
龍冑をかぶり武将の舞いで、迫力があります
(裲襠装束~リョウトウソウゾク)

d0273510_1258779.jpg






還城楽(げんじょうらく)童舞
(童舞狩依)
赤い縄を蛇に見立てて、それを見たつけた喜びを表現した舞いで、今回初舞台となる小学一年生が一生懸命舞ってくれていました

d0273510_131925.jpg



d0273510_131249.jpg






抜頭(ばとう)
「抜頭は髪ふりあげたるまみ、うとましけれど楽しと面白し」枕草子より

稚児の童舞は、めんごいです

d0273510_1332973.jpg






陵王
(裲襠装束)


赤い衣装の場合左舞で、緑の衣装の場合右舞がルールなんだそうです

ちなみにこの衣装は谷地由来の紅花染めだそうです

d0273510_1392196.jpg






納曽利(なそり)
(裲襠装束)
一人舞いの時は、楽躍(ラクソン)というそうです

d0273510_13162831.jpg






緑の衣装なので右舞です

d0273510_1317599.jpg






林家舞楽のエンディングテーマの廻向楽(えこうがく)で終了



さて、ごらんじょ詣り、夜遊(やゆう)の舞楽まで時間があるので、隣にある動物公園で一息つきます



自販機でスイカのジュース発見!

d0273510_13195878.jpg






げげげ!飛行機があんなに近くに見えます汗


さすが飛行場が近くにあると迫力が違いますね

d0273510_13213156.jpg






ということで、夜の部へと

~つづく~
by tatsutaage2012 | 2013-09-14 23:23 | 神社風味
9月14日、かかし祭り会場でデビューって言ってたかみのやま温泉のゆるキャラのかせ坊

テレビに出ちゃってるやん!


d0273510_17245145.jpg



d0273510_17252427.jpg

by tatsutaage2012 | 2013-09-11 17:30 | その他
d0273510_3581455.jpg



d0273510_3594980.jpg






雨も次第に弱まり美しい神輿も御披露目となり、私もガサガサする雨合羽を脱ぎ、パワー全快モードへと切り替わる

d0273510_0362079.jpg



d0273510_0365645.jpg



d0273510_0372843.jpg







ところが、時折カメラのファインダー(覗き穴)から覗いていると目の前が真っ暗になるのです……

それでなくても、雨の雫が付いて見辛くなっているというのに……

最初、なんなのか分からなかったのですが……

コイツの仕業でした

d0273510_040268.jpg






昨年も人の前に割り込んできては邪魔してくれたけど……

今回はこのぶらっくあんぶれら~マンの傘攻撃だったのです


小雨になっても、一向に傘を開いたまま、右側を撮ってれば右に、左側を撮ってれば左にと……ことごとく私の撮影をブロックするかの様に現れる

d0273510_0534160.jpg






さすがの私もキレかかろうとした瞬間、神輿の誘導係(?)の女性に注意されて、やっと傘を閉じたよ


もう来年からくんな(笑)
くるんだったらセリアから雨合羽買ってこい!
税込み105円だがら(笑)

さあ気を取り直して美女美女!

d0273510_0454789.jpg



d0273510_0462673.jpg



d0273510_0465390.jpg






ついつい、五十肩なのも忘れて、この中に飛び込んで行きたくなる衝動を堪えての撮影

d0273510_047952.jpg






後半の頃には、私の笛の音が効いたのか、はたまたあのヘンチクリンな白竜ばやしが効いたのか、雨も止んで秋らしい涼しげな風が吹き、ぶらっくあんぶれら~マンとの闘いでヒートアップした身体と頭を冷ましてくれました

d0273510_0502732.jpg






中学生の本神輿が早々に切り上げてしまう程の雨の中、龍桜會の皆様本当に最後までお疲れ様でした

d0273510_0513913.jpg






今年のおんな神輿参加は70名とかで、代わる代わるの担ぎだったそうです

神輿を担ぐ事が市民のステータスになり始めているような……そんな風に感じられた今年の神輿渡御でした

d0273510_0521622.jpg






もしかしたら5年後はとんでもないことになってたりして……ね

d0273510_420486.jpg






ちなみに白竜ばやしとは、大昔から赤湯地区の農家に伝わる雨乞いの踊りだそうです


雨乞い!






気がつくと7時間もへばり付いていたみたいです・・・

皆さんお邪魔しました汗
by tatsutaage2012 | 2013-09-10 10:10 | イベント風味
d0273510_235751100.jpg







南陽市の赤湯と言えば温泉と烏帽子山の千本桜ですが

秋に乱れ咲く桜がこの龍桜です

d0273510_2359193.jpg






ということで、今年はこの法被をお借りしての参加です



17時

いつもの様に神事が始まりました

川西町の東野八幡の武田宮司の命により、玉串拝礼の際に龍笛を担当させて頂きました


ふふふ、マイ笛を隠し持っててよかったぜ(笑)
(っていうか、吹く気満々だったのかよ(笑))


しかし、私は何者なんでしょうねえ汗……と自分でも思います
(ただの小間使い?)


それでも精一杯、赤湯の護り神である白竜様に雨が収まるのを祈り、吹かせて頂きました

d0273510_373694.jpg





それにしても、土砂降りではないものの、帽子はずぶ濡れになる程だったので、神輿共々私もセリアで買った雨合羽を着ての出発となりました

d0273510_313537.jpg



d0273510_31574.jpg



d0273510_4434100.jpg






いきかえりの宿瀧波さんで力餅を頂きながら

d0273510_432391.jpg








寒河江から応援にかけつけて来られた元凰会の方から寒河江祭りの情報を教えてもらった


なんと!写真コンテストの賞金が5万円らしい

d0273510_3225564.jpg






この後、力を付けた神輿はメインストリートへと雪崩れ込みます!

d0273510_463140.jpg



d0273510_481862.jpg






途中で、昨年同様ブログ友のいぐねさんと遭遇

なんか知り合いの方が参加されていて撮影を頼まれているらしい

こうして年に一度会えるというのも、何かの縁を感じます

d0273510_471964.jpg



d0273510_325922.jpg






大勢の人が待つ中央公民館えくぼプラザ前で神輿にかけられていたビニールが外される

d0273510_3342363.jpg






「な、なんだ!光っているんですけど・・・」

d0273510_335187.jpg





「う、美しい!」

d0273510_3374191.jpg





~つづく~
by tatsutaage2012 | 2013-09-09 12:12 | イベント風味
d0273510_14413416.jpg






南陽市赤湯、ふるさと祭り

今年で訪れたのが三年目





今年も参加者の皆さんが続々と集合場所の市民会館へと集まってきました

d0273510_14451796.jpg






一般参加の方も大勢いらっしゃいました

d0273510_14453476.jpg



d0273510_14455284.jpg






こちらが一般参加の方々

d0273510_14492997.jpg






そして、こちらが龍桜会の皆さん

d0273510_14514829.jpg






今年は公式に写真撮影の依頼を頂いたのですが・・・

d0273510_1454130.jpg






生憎の雨

d0273510_14553377.jpg



d0273510_14555452.jpg






はてさて、どうなる事やら

d0273510_14574490.jpg






~つづく~
by tatsutaage2012 | 2013-09-08 15:03 | イベント風味